英会話で使うためのwhether A or B|notとifの関係は?

独学方法
  • whetherとifの関係がわからない。
  • whetherにorやnotをつける仕組みがわからない。
  • whetherを会話でさらっと言えるようになりたい。

こんな悩みはありませんか?

whetherはifとの違いがあったり、orをつけたり、複雑なイメージがありますよね。でも、whetherは会話でよく出てくる単語なので、言えるようにならないと脱初心者はできません。

私もよく「ifを使うべき?whetherを使うべき?」と悩んでいました。
しかし、whetherはコツがわかると意外とカンタンに覚えることができます。

本記事では、whetherの使い方を、どこよりもわかりやすく基礎〜応用まで解説します。

ジョバンニ(@eigomeister)
ジョバンニ(@eigomeister

本記事を読むと、会話でwhetherがすぐに使えるようになりますよ。

英会話で使うためのwhether A or B

英会話で使うためのwhether A or B

whether A or Bの訳は「〜かどうか」です。

まずは例文を見て見ましょう。
※例文は英語の順番のまま訳せるようにしています。

whetherの基本例文
  • I didn’t know whether you went home.
    (知らなかったよ。君が家に帰ったかどうか。)
  • Can you remember whether we turn at this corner?
    (覚えてる?この角で曲がるかどうか。

このように、whetherで文章をつなげられます。

きれいな日本語にするために、後ろから訳すと会話で使えません。あとから「〜かどうか。」をつけ足してください。

この基本わかれば、あとは全部に応用できます。

次はor,not,ifとの関係を解説します。

or, not, ifとの関係
  • 「or not」はあってもなくてもいい
  • 「or」だけは選択肢をつくる
  • 「if」に置き換えできる

「or not」はあってもなくてもいい

「or not」はあってもなくてもいいです。

よく「whether or not」という形を目にしませんか?
もしくは「whether 〜 or not」。

これらは、どちらもあってもなくてもいいです。

or notの例文
  • I didn’t know whether you went home or not.
    (知らなかったよ。君が家に帰ったかどうか。)
  • Can you remember whether or not we turn at this corner?
    (覚えてる?この角で曲がるかどうか。

文末でも、whetherのすぐ後でも、どちらにつけ足してもOKです。

「or」だけは選択肢をつくる

「or」だけをつけ足すときは、選択肢を作るときです。

orの例文
  • I didn’t know whether you went home or gym.
    (知らなかったよ。君が家に帰ったか、ジムに行ったかどうか。)
  • Can you remember whether we turn at this corner or next corner?
    (覚えてる?この角で曲がるか、次の角で曲がるどうか。

このように、orを使うと、選択肢を作れます。

「if」に置き換えできる

whetherは「if」に置き換えできます。

ifの例文
  • I didn’t know if you went home (or not).
    (知らなかったよ。君が家に帰ったかどうか。)
  • Can you remember if we turn at this corner (or not)?
    (覚えてる?この角で曲がるかどうか。

このように、最初の例文のwheterの部分をifに変えることができます。

ifに置き換えるポイントは次のとおりです。

  • 基本的には「〜かどうか」と訳すときはifに変えることができる
  • or notは文末ならつけてもいい。(つなげてif or notはダメ)
  • 次の項目から説明するwhetherはifに変えることができない。

次は応用編として、whetherの他の訳し方を解説します。

▲目次へ戻る

whetherの応用①「〜であろうが、〜であろうが」

whetherの応用①「〜であろうが、〜であろうが」

whetherは「〜であろうが、〜であろうが」とも訳します。

「〜であろうが」の例文
  1. I go to work whether it rains or blows.
    (仕事に行きます。雨であろうが、であろうが。
  2. It doesn’t matter whether you are good or bad.
    (関係ないね。君がいい人であろうが悪い人であろうが。)

このようにwhetherには「〜であろうが、〜であろうが」という訳があります。

しかし、実はこの訳は「〜かどうか」を応用しただけです。

1の例文を見てください。
これを「〜かどうか」で訳してみます。

・仕事に行きます。雨か、風かどうか。

少しつけ足します。

・仕事に行きます。雨か、風邪かどうか(どちらでも)。

これで意味がわかりますよね。

このように「〜かどうか」という基本がわかっていれば、少し訳し方を変えた「〜であろうが、〜であろうが」もカンタンに使えます。

▲目次へ戻る

whetherの応用②「〜すべきかどうか」

whetherの応用②「〜すべきかどうか」

whetherは「〜すべきかどうか」とも訳します。

「〜すべきかどうか」の例文

I don’t know whether to attend the meeting.
「わかりません。会議に出席すべきかどうか。」

whether toで「〜すべきかどうか」という訳になります。

これはそのまま覚えればOKです!

▲目次へ戻る

英会話で使うためのwhether A or Bのまとめ

英会話で使うためのwhether A or Bのまとめ

本記事の内容をまとめます。

whether A or Bまとめ
  • 基本は「〜かどうか」
  • or notはつけても、つけなくてもいい。
  • ifと置き換えれる。(ただし「〜かどうか」のときだけ。)
  • 応用は「〜であろうが、〜であろうが」
  • toをつけると「〜すべきかどうか」

英語学習のコツは、細かいところにこだわらないことです。まずは、ざっくりした理解を作ってから、細かい知識を埋めていってください。

学んだ知識を会話で使えるようになると、完全に自分の物になるので、もう二度と忘れることはないですよ。

会話で使う練習をするためには、オンライン英会話が安くて効率的です。まだ、オンライン英会話をしていない方は、この機会に無料体験だけでもしてみてください。

オンライン英会話について詳しくはこちら「初めてのオンライン英会話なんでもQ&A集」を参考にしてください。

オンライン英会話が選びは「【診断チャートつき】初心者におすすめのオンライン英会話トップ5を徹底比較」も参考にしてください。

この記事を書いた人
ジョバンニ

1987年生まれ。札幌出身。
地方公務員→営業マン→フリーランス
英語学習歴6年。TOEIC800点超。
小・中学生、社会人に英語指導経験あり
一人でも多くの初心者の方にオンライン英会話を実践してもらうために「英語マイスター」を運営しています。
Twitterでは初心者の方がすぐに使える英語知識を毎日発信しています。

\ ジョバンニをフォローする /
独学方法
\ この記事をシェアする /
\ ジョバンニをフォローする /
英語マイスター

コメント