英会話で使うためのto不定詞の訳し方|コツはつけ足し

独学方法
  • to不定詞という言葉はよく聞くけど、いまいちわかっていない。
  • to不定詞を会話で使えるようになりたい。
  • to不定詞を訳すのに毎回時間がかかってしまう。

こんな悩みはありませんか?

to不定詞は会話の基本です。これが使えるようにならないと、スムーズな会話ができません。でもカンタンには口から出てこないですよね。

私も昔は「to不定詞なんて受験にしか使わない」と思っていました。しかし、to不定詞が使える今では、自由に英語が話せるようになりました。

本記事では、初心者にでもわかるように、to不定詞を会話で使える方法をお伝えします。

ジョバンニ(@eigomeister)
ジョバンニ(@eigomeister

本記事を読んでいただくと、to不定詞を理解するだけではなく、すぐに英会話で使えるようになりますよ。

英会話で使うためのto不定詞の訳し方

to不定詞を会話で使うときは、いちいち訳しません。

その代わり「つけ足し」の感覚を持ってください。

「訳はわかっても会話で使えない!」ということにならないために、ネイティブの感覚を身につけましょう。

ネイティブのtoの感覚は「→」です。
「→」とは「それはね」という感覚で、追加情報を入れるようなイメージです。

次の例文を矢印に変えて考えてみましょう。

  • I got up early to take the bus. 
    「バスに乗るために早起きした。」
  • I got up early take the bus.  
    「早起きしたよ。(追加→)バスに乗るためにね。
  • I’m glad to hear that. 
    「それを聞いて嬉しいです。」
  • I’m glad hear that.
    「嬉しいです。(追加→)それを聞いてね。

ネイティブは「なんか足りないな〜」と思ったら、toでつなげて文を付け足して使います。

実はこれが全てです。あとは何度も練習するだけです。
何度も練習をするには、毎日レッスンが受けられるオンライン英会話が便利です。記事下に詳しく掲載しています。

「もっと、詳しく知りたい」という方は、以下で基本的〜応用まで解説しています。

▲目次へ戻る

to不定詞の形は動詞の原形

to不定詞の形は動詞の原形

to不定詞の形は「to+動詞の原形」です。

動詞の原形とは、カコ形やing形ではない、動詞そのままの形です。

動詞の原形の例
◎ play
× played
× playing

to playとか、to getとか、to makeとかですね。

ちなみに、教科書では次のように説明しています。

to不定詞には名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法があり、副詞的用法には感情の原因(〜して)、動作の目的(〜するために)、結果(そして・しかし〜した)などを表し・・・(略

日本語でもよくわからないので、このような細かい用法は覚えなくていいです。

ジョバンニ
ジョバンニ

細かい理解も大切です。しかし、まずはざっくりと理解する方が優先です。

▲目次へ戻る

to不定詞の訳は2つ

to不定詞の訳は2つ

訳は2つだけ覚えてください。

  • ① 〜するため
  • ② 〜すること

以下で説明します。

訳① 〜するため

  • Would you like something to drink?
    「飲むための何かいる?→何か飲む?」
  • I go to school to meet my friend.
    「友達に会うために学校に行く。」
  • To meet my friend, I go to school.
    「友達に会うために、学校に行く」

コツは「付け足しっぽいな!」と思ったら「〜するため」と訳してください。

ほとんどは、この「付け足す感覚」で訳せます。

訳② 〜すること

  • To play tennis is good for health.
    「テニスをすることは健康に良い。」
  • My dream is to fly in the sky.
    「私の夢は空を飛ぶことです。」
  • I like to swim.
    泳ぐことが好きです。」

コツは「付け足しっぽくないな!」と思ったら「〜すること」と訳してください。

ほとんどは、この2つの使い方が基本になると思ってください。

▲目次へ戻る

to不定詞は感情の原因

to不定詞は感情の原因

to不定詞は感情の原因にもなります。

基本は前述したとおりなので、混乱しそうな方は読まなくてもいいです。

  • I’m happy to meet you.
    「あなたに会えて嬉しいです。」
  • I was sad to read that novel.
    「その小説を読んで悲しかった。」

感情表現の後のtoは「〜して」と訳します。

happy、sad、surpriseなど

ちなみに、これも付け足し感覚で読めます。

▲目次へ戻る

to不定詞を英会話で使う方法まとめ

本記事の内容をまとめます。

本記事のまとめ
  • to不定詞のあとは動詞の原形がつながる。
  • 主な訳は2つ「〜するため」「〜すること」。
  • happyaなどの感情のあとのto不定詞は「〜して」。
  • 会話で使うときは「追加→」という付け足しの感覚。

英語学習のコツは、細かいところにこだわらないことです。まずは、ざっくりした理解を作ってから、細かい知識を埋めていってください。

学んだ知識を会話で使えるようになると、完全に自分の物になるので、もう二度と忘れることはないですよ。

会話で使う練習をするためには、オンライン英会話が安くて効率的です。まだ、オンライン英会話をしていない方は、この機会に無料体験だけでもしてみてください。

オンライン英会話について詳しくはこちら「初めてのオンライン英会話なんでもQ&A集」を参考にしてください。

オンライン英会話選びは「【診断チャートつき】初心者におすすめのオンライン英会話トップ5を徹底比較」も参考にしてください。

この記事を書いた人
ジョバンニ

1987年生まれ。札幌出身。
地方公務員→営業マン→フリーランス
英語学習歴6年。TOEIC800点超。
小・中学生、社会人に英語指導経験あり
一人でも多くの初心者の方にオンライン英会話を実践してもらうために「英語マイスター」を運営しています。
Twitterでは初心者の方がすぐに使える英語知識を毎日発信しています。

\ ジョバンニをフォローする /
独学方法
\ この記事をシェアする /
\ ジョバンニをフォローする /
英語マイスター

コメント