theyなのに単数形?ジェンダーレスな時代の流れをかんたん解説!

独学方法

・theyが単数形になるって聞いたけど、そうなの?
・ジェンダーレスって何?
・世界の男女差別について知りたい。

こんな疑問を解決します。

筆者のプロフィール
ジョバンニ
ジョバンニ

この記事を書いている私は英語学習歴6年です。

TOEIC800点超。小・中学生、社会人への英語指導経験があります。

突然ですが皆さん、they は「彼ら」「彼女ら」と習いませんでしたか?もちろん私はそのように習いました。he や she とは違って、複数形として覚えますよね。

しかし、なんと最近では、theyという単語を単数形として表わすようになったのです。

本記事では、なぜそのようなことが起きているのか、について話していきます。

アメリカの流行語『they』

アメリカの流行語『they』

記事タイトルで薄々気付いている方もいらっしゃると思いますが、theyが単数形になる理由は、ジェンダーレスな時代の流れが関わっています。

ジェンダーレスな時代の流れ

ジェンダーレスとは、性差のない、またはなくそうとする考え方のことである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

男性と女性の差別をなくそうとする運動は世界各地で起きていることはご存知かと思います。

実は昨年、その象徴となる発表がありました。

それは、アメリカで有名な辞書 「Merriam-Webster(メリアム・ウェブスター)」が、2019年の流行語を「they」と発表したのです。

その理由として、theyという単語がインターネットで検索された回数が昨年と比べて313%も増加したことを挙げています。

では、なぜ they という単語を検索する人が増えたのでしょうか。

『they』が流行った理由

最初は2019年1月、ノンバイナリー(自分の性別が男女のどちらにも当てはまらない人のこと)のモデル、オスロ・グレースが数々のトップランウェイに登場した頃です。

BBC NEWS JAPANにオスロ・グレースの画像が掲載されています。)

それ以降、ワシントン州のプラミラ・ジャヤパル下院議員が、LGBTQの権利について議会で熱弁したり、歌手のサム・スミスがSNSで「これから they/them/their という代名詞で呼ばれたい」と言った発言などにより、they という言葉が検索されるようになりました。

『they』が流行った結果

こうして、they という言葉が、男性の he でも女性の she でもない、個人の代名詞として広まることとなりました。

これからの時代は、よりこうした単語が増えていくことでしょう。

ジョバンニ
ジョバンニ

いつしか he や she という単語がなくなる日が来るかもしれませんね!

ジェンダーニュートラル(男女を区別しない)英単語一覧

ジェンダーニュートラル(男女を区別しない)英単語一覧

さて、ジェンダーレスな時代の流れはご理解いただけたと思います。

実は、they 以外にも、男女を特定しないなジェンダーニュートラルな言葉というのは、これまでに増えてきています。

例えば、「給仕」という言葉、昔は男性の場合は waiter、女性の場合は waitress という単語でした。

これが、性的に中立なな単語 server に変化したのです。

このような単語の変化はたくさんあります。

最後に、まとめてご紹介します。

ジェンダーニュートラル 男性(昔) 女性(昔)
actor actor actress
chairperson chairman chairwoman
door attendant doorman
firefighter fireman  
flight attendant stewardess
first-year student freshman
humankind mankind
police officer policeman
postal worker postman
salesperson salesman saleswoman
server waiter waitress
spokesperson spokesman spokeswoman

男性に多かった職業、女性に多かった職業から、manやwomanという言い方になっているものが多いですね。

今では男女関係なく色々な職業に就けるようになったこともあり、昔の言い方は撤廃されているようですね!

英語のニュースサイト

英語のニュースサイト

英語という言語で、時代の流れを知ることができました、

英語を学ぶと、世界のニュースを知ることができて面白いです。

最後に、英語のニュースサイトをご紹介します。

色々調べましたが、この2つのサイトが、解説付きで非常にわかりやすかったです。
(もしかすると、中級者以上には物足りないかもしれません!)

ただ、オンライン英会話を4年継続している私としては、ンライン英会話以上のニュースを学べる最適なサイトはないと思っています。

多くのオンライン英会話では、Daily Newsという教科書があり、毎日英語のニュースを読むというレッスンがあります。

その中では、大事な単語やフレーズを学び、英語学習用に編集されたニュース記事を読み、内容の理解度を確認したり、議論をしたりします。

もっと詳しく他のオンライン英会話を知りたい方はこちら
参考:人気おすすめオンライン英会話を徹底比較【選び方も解説!】

人気オンライン英会話10選
  料金 国籍 無料体験 特徴
DMM英会話 6,480円 多国籍 2回 世界中の講師と話せる
ネイティブキャンプ 6,480円 多国籍 7日間 レッスン受け放題
レアジョブ英会話 6,380円 フィリピン 2回 学習プラン作成
QQ English 10,648円 フィリピン 2回 正社員講師のカランメソッド
ベストティーチャー 12,000円 多国籍 1回 ライティング添削機能
EF English Live  8,910円 ネイティブ 4回 世界中の生徒とグループレッスン
Cambly 設定次第 ネイティブ 1回 ネイティブと今すぐレッスン
Kimini英会話 6,028円 フィリピン 10回 学校の総復習が可能
産経オンライン英会話Plus 6,380円 フィリピン・ネイティブ・日本人 4回 カスタマイズプラン
ビズメイツ 13,200円 フィリピン 1回 ビジネス特化型
この記事を書いた人
ジョバンニ

1987年生まれ。札幌出身。
地方公務員→営業マン→フリーランス
英語学習歴6年。TOEIC800点超。
小・中学生、社会人に英語指導経験あり
一人でも多くの初心者の方にオンライン英会話を実践してもらうために「英語マイスター」を運営しています。
Twitterでは初心者の方がすぐに使える英語知識を毎日発信しています。

\ ジョバンニをフォローする /
独学方法
\ この記事をシェアする /
\ ジョバンニをフォローする /
英語マイスター

コメント