VERSANT体験記:第3回「キク英文法の効果がヤバい」

VERSANT体験記

本記事では、VERSANTのリアルな体験談が聞きたい方に向けて、VERSANTを受けた体験談を綴ります。

VERSANTは、実践のコミュニケーションで使える英会話力を測るスピーキングテストです。

VERSANTの特徴
  • テスト時間がたった17分。
  • スマホ・PCで、いつでもどこでも受けられる。
  • TOEICや英検にはない「英会話力」を計れる。

これからVERSANTの受験を考えている方の参考になれば幸いです。

ジョバンニ(@eigomeister
これまでのVERSANT体験談
VERSANT体験記:第1回「初めてVERSANT受けてみた」
VERSANT体験記:第2回「VERSANTは実力が出る」

VERSANTについて詳しくは「英語マイスター〜英語初心者のためのVERSANT47点突破ブログ〜」を参考にしてください。

VERSANT3回目の結果

VERSANT3回目の結果は52点でした。
前回と全く同じ点数です。

VERSANT第3回スコア
スコア スコア分布 CEFR レベル解説
79~80点 1% C2 ネイティブレベル
69〜78点 2% C1 ネイティブレベル
63〜68点 2% B2+ 英語で困らない最上級者
58〜62点 3% B2 ネイティブとも議論できる上級者
53〜57点 8% B1+ 英語でビジネスができる中上級者
47〜52点 17% B1 基礎英語力を身に着けた中級者
41〜46点 27% A2+ ビジネスで英語を使うにはあと一歩の初中級者
36〜40点 20% A2  日常会話でも初級レベル
26〜35点 17% A1 英語で意思疎通は難しい
20〜25点 2% <A1 英語で意思疎通はほぼできない

あと1点が中々届かない!

サブスコアは次のとおりです。

VERSANT第3回サブスコア

文章構文が突出しました。

これまでの比較

これまでのVERSANTとの比較は次のとおりです。

VERSANTスコア比較

サブスコアの比較は次のとおりです。

VERSANT比較2

青丸に注目してください。初めてのVERSANTで結果が悪かったので、前回からキク英文法を極めた成果がしっかり現れています。

▲目次へ戻る

VERSANT3回目のために取り組んだ勉強法

この1か月は文法の勉強だけをしていました。
おかげで、文章構文がたった2か月で11点も上がりました。

キク英文法

文章構文のために、とにかくキク英文法をぐるぐる回しました。
少なくとも6周はしました。

おすすめ本については「英語初心者におすすめ勉強本をセット売り!|英会話独学用」または「無料あり|Kindle Unlimitedでお得に英語学習できるおすすめ教材8選」も参考にしてください。

ただよび

また、キク英文法でわからないことはYouTubeの「ただよび」を見ていました。

全体像をキク英文法で抑えてから、わからない部分を「ただよび」で確認する。
最強の文法マスター法を編み出しました(笑)

この2つのおかげで、「この文法について説明して」と言われたら、全部例文つきで答えられるレベルになりました。

ちなみに、私のTwitterでも文法解説はよく呟いています。
Twitterやっている方は覗いてみてください。

▲目次へ戻る

VERSANT3回目の反省

文法を頑張りすぎて、他のパートが疎かになりました。

特に、言葉に詰まることが多かったので、「流暢さ」のスコアが低くなりました。

次回に向けて

文法は一段落したので、次は「流暢さ」と「発音」を中心に勉強します。

VERSANTのパートAからパートFがあり、どのパートでどのサブスコアが見られているのかがわかります。

パート 問題 解説
パートA 音読
8問
提示された文章を、指示された順序で声を出して読むことで、「流暢さ」「発音」を診断
パートB 復唱
16問
音声で流れた文章を聞こえた通りに繰り返すことで「文章構文」「流暢さ」「発音」を診断
パートC 質問
24問
質問で使用された単語を使って回答することで「語彙」を診断
パートD 文の構築
10問
ばらばらに並び替えられた単語または単語の連なりを聞き、文章を正しく作り答えることで「文章構文」「流暢さ」を診断
パートE 話の要約
3問
短い物語を聞き、内容を自分の言葉で正確に伝えることで「文章構文」「語彙」「流暢さ」「発音」を診断
パートF
自由回答
2問
簡単な質問に対して自由に回答

「流暢さ」はパートA,B,D,E、「発音」はパートA,B,Eです。
共通しているパートA,Bに注目します。

  • パートAは指示された文章を読むだけ。
  • パートBは聞こえた文章を繰り返すだけ。

これらは、考えて話す力よりも、どれだけ自然に話せるかが問われる問題です。

この解決策として、スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)をすることにしました。

オンライン英会話だと、相手とのキャッチボール(=話す内容を考えること)で精一杯になるので、「聞くこと」と「話すこと」を納得するまで学べるスタサプにしました。(しかも月額約2,000円で安い!)

目標は1か月で40時間(1日2時間×週5日)を目処にとにかく英語を聞く!話す!です。

ジョバンニ
ジョバンニ

一緒に勉強がんばりましょう!

\ 1回3分から学べる!7日間の無料体験つき! /

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
この記事がみなさんの英語力アップのお役に立てたら幸いです。

「いろんな人のVERSANT体験記が読みたい」という方は、外資系企業勤務の方が運営しているBusy Englishというブログもご参考にしてください。

この記事を書いた人
ジョバンニ

1987年出生|札幌出身|「英語を学ぶって楽しい!」を伝えるオンライン英会話講師|一人でも多くの英語初心者の方が中級者になってもらえるよう「英語マイスター」を運営|Twitterでは初心者の方がすぐに使える英語知識を毎日発信

\ ジョバンニをフォローする /
VERSANT体験記
\ この記事をシェアする /
\ ジョバンニをフォローする /
英語マイスター

コメント