5年日記を使ってフリートークで自由に話せるようになる方法

独学方法

Hi there. 
こんにちは、英会話講師のジョバンニ先生です。

今回は、5年日記を使ってフリートークで自由に話せるようになる方法を解説します。

みなさん、フリートークは得意ですか?

  • オンライン英会話で話してみても、いつも薄っぺらい話で終わってしまう。
  • そもそも怖くてフリートーク自体したことがない。
  • したことはあるけど、質問に答えているだけで、自分から話すことができない。

英語を勉強していると、必ず通らなければならない壁がフリートークです。

なぜなら、私達の生活では当然自由に言葉が話されていますよね。
ということは、英会話ができるようになるということは、=フリートークができるようになるということだからです。

つまり、フリートークがスムーズにできないと、どれだけ英語を勉強しても英会話はできるようになりません。

でも安心してください。
今回は『5年日記』を使って初心者からでも!フリートークができるようになる方法をお教えします。

こんな方は最後まで記事を読んでください
・いつかフリートークがしてみたい。
・フリートークでたくさん話せるようになりたい。
・フリートークをして英語で自由にコミュニケーションを取れるようになりたい。

ちなみに私が調べた限り、5年日記の活用法は、他のブログではどこでも紹介されていませんでした。

さらに、公式LINEからフリートークで使える『日常英会話でよく使うフレーズベスト50』を使う場面ごとにまとめたPDFをプレゼントします。
まだお友達になっていない方は、忘れずにお友達追加しておいてください。

限定特典プレゼントつき!

プレゼントの受け取りにはキーワード「5年日記」と、公式ラインで打ってください。

動画で解説を見たい方はこちらからどうぞ。

今回の動画以外にも、英語初心者の方のお悩みを解決する動画・記事をたくさん投稿しています。
これから英語を頑張りたい、英語をもっと頑張りたいと思っている方はチャンネル登録・ブックマークをよろしくお願いします。

なぜ5年日記でフリートークが話せるようになるのか

生徒
生徒

え、ただの日記じゃん!?

日記書いてて話せるようになるの?

5年も書かないといけないの?

そう思いませんでしたか?
でも、みなさん聞いたことはないですかね?

「何やら英語日記を書くと良いらしい。」とか
「英語日記で話せるようになる人がたくさんいるらしい。」とか。

そうなんです、英語日記を書くと、特にフリートークが話せるようになります。

なぜかと言うと、英語日記を書くと、自分のことが話せるようになるからなんです。

みなさんが英語を話す時、もしくは話したいなと思う場面って、だいたい自分のことじゃないですか?

例えば
  • 今日雨が降ったのに傘を忘れてしまった。
  • 新作のお菓子をおいしかった。
  • 映画を見ていたら夜更かししちゃった。

こういう何気ない話、いわゆる日常英会話ってほとんど自分に起きた出来事ですよね。

この自分に起きた出来事を話せるようになるために、英語日記がすごく役立つんです。

例えば
  • 雨が降った=It was rainy.
  • お菓子=snacks
  • 夜更しする=stay up late

こういった、自分の生活の中でよく起こる出来事、まあ人によって違うと思うんですが、いずれにしてもよく起こる出来事であれば、何回も日記に書くことになりますよね。

つまり、何回も同じ英単語や英語フレーズを書くので、自然と覚えることができます。

ただの日記ではなく5年日記にするメリット

つまり、日記を書くことで、自分のことが話せるようになる。

自分のことが話せるようになるということは、いわゆる自分用にカスタマイズされた日常英会話でよく使う言葉を覚えていくことができるということです。

生徒
生徒

じゃあ1年分の普通の日記でいいじゃん!

ジョバンニ
ジョバンニ

もちろん1年分の日記でも良いのですが、5年日記にするメリットは大きく2つあります。

  1. いつ購入しても気にならない。
  2. 成長が目に見えてわかる。

いつ購入しても気にならない。

日記は年の始まり、いわゆる1月から書き始めますよね。4月からの日記もあると思うんですが、いずれにしても買い時を逃すともう買う気がなくなっちゃいますよね。

一方、5年日記であれば、5年分も日記が書けるので、最初の年が何月に始まっても気になりません。つまり、5年日記にすることで、英語日記を始めようと思ったそのタイミングで気兼ねなくすぐに購入できるということが1つ目のメリットです。

成長が目に見えてわかる。

5年日記の最大の特徴は、同じページに年度の違う同じ月日の日記を書くことができることです。

例えば、2022年の6月1日、2023年6月1日、2024年6月1日、このように、ちょうど年度の違う同じ日を同じページに書くことができます

するとどうなると思いますか?

ちょうど1年前の自分の英語が見れるんですよ。
ちょうど1年前に自分ってどんな英語書いていたのかな?って。 

例えば、1年前はこれしか書けなかった。

I worked. I was happy.
「仕事した。」「嬉しかった。」

だけど今日の日記は

”I was happy today because I had a very valuable experience.”
(今日は価値のある経験ができて嬉しかった。)

って書けた!このように、昔と比べて自分の成長が目に見えるんです。

この動画を見ているみなさんは、英会話を勉強している、もしくは始めたばかりだと思うので、わかっていただけると思うのですが、なかなか成長って実感できないですよね。

そんな時は、5年日記を書いていると、自分の成長が実感できます。ぜひ試してください。
日記は3,4行書けば十分です。5分もかからないので、 時間効率という意味でコスパも最強だと思います。

5年日記のおすすめ

日記帳の選び方は、5年分書ければどんな日記帳でもいいのですが、1日分のスペースが狭いものにしてください。

スペースが広いと「英語をたくさん書かなきゃ!」という負担になってしまいます。

私のおすすめは『高橋手帳』です。
1日のスペースがちょうどいい広さなので、もしよければ見てみてください。

私は光沢のあるワインレッド(日本語用)と、渋みのある茶色(英語用)を持っています。
両方ともオシャレな人は必見ですよ。

フリートークが苦手な方へ

SNSを見てると、毎日「今日はこれだけ勉強しました」とか凄い頑張っている人ってたくさんいるじゃないですか。

結構そういう人を見てると「自分って全然勉強できてないなとか」思ってしまうことってあると思うんですよね。

私自身も、英語の勉強したいけど全然時間が取れなかったり、逆に時間があるのに全然やる気がでなくて、そういう頑張っている人を見て自己嫌悪になることがよくあったんですよね。

だけど、実はそもそも英語を勉強しているってだけで、みんな素晴らしいんですよね。2019年の調査では、日本人の46%は自己研鑽をしないという統計も出ています。約半数ですよ。さらに、語学に関しては約10%の人しか勉強をしていません。
出典:パーソナル総合研究所

勉強するから偉いというわけではないですけれども、一つの事実として、平均的な日本人と比べて、みなさんは上昇志向の強い勉強熱心な上位10%に入っているという事実は、自信を持っていいことではないでしょうか。

もし、それでも自信が持てないという人は、絶対に英語日記を書いてください。時間が経ってから過去の日記を見ると、自信になるはずです。

はい、ということで、これからも英語初心者の方のお悩みを解決するブログ・動画をたくさん作っていきます。応援よろしくお願いします!
悩みがある方はぜひコメント欄にご相談ください。あなたの悩みを解決する動画を作っていきます。一緒にがんばっていきましょう!

最後に、公式LINEのお知らせです。
お友達登録して「5年日記」と打っていただくと、『日常英会話でよく使うフレーズBEST50』を使う場面ごとにまとめたPDFをプレゼントします。

限定特典プレゼントつき!

逃すと絶対に損します。
必ず登録をしてくださいね!

この記事を書いた人
ジョバンニ

1987年出生|札幌出身|「英語を学ぶって楽しい!」を伝えるオンライン英会話講師|一人でも多くの英語初心者の方が中級者になってもらえるよう「英語マイスター」を運営|Twitterでは初心者の方がすぐに使える英語知識を毎日発信

\ ジョバンニをフォローする /
独学方法
\ この記事をシェアする /
\ ジョバンニをフォローする /
英語マイスター

コメント

アンケートに答えて無料教材がもらえる!!
公式LINEはこちら
アンケートに答えて、無料教材をGET!!
公式LINEはこちら